「リプトン CREAMY 紅茶ラテ」はコクは少ないがサラサラして飲みやすいドリンク

f:id:drinkoon:20180817164436j:plain

森永乳業の「リプトンCREAMY紅茶ラテ」

たっぷり生クリームとリプトン紅茶のカップを深く味わう

生クリームのコクと紅茶の華やかな香り

f:id:drinkoon:20180817164810j:plain

森永乳業のリプトン CREAMY 紅茶ラテはケニア産茶葉とセイロン産茶葉をブレンドした香り高い紅茶にたっぷりのミルクを加えたカップティー、それにより生クリームのコクと紅茶の華やかな香りが楽しめるドリンクとなっている。

 

パッケージデザインはお洒落で可愛らしいデザイン、メインターゲットは女性で間違いないドリンクになるだろう。

f:id:drinkoon:20180817165628j:plain

リプトン CREAMY 紅茶ラテの240mあたり143kcalは高い、その分深いミルクのコクと紅茶の味に期待したくなる。カフェインは75mg

思った以上にコクは控えめ

f:id:drinkoon:20180817165931j:plain

僕は深夜にスマホゲームをやり夜更かしする事が多々あるのだが、そんな時にドリンクは必ず手元にある。

今回は「リプトンCREAMY 紅茶ラテ」がゲームのお供ドリンク...というわけだ。

 

さっそくお気に入りのゲーム開始と同時にリプトン CREAMY 紅茶ラテを味わってみる...

生クリームの深いコクとはうたっているものの実際に飲んでみるとコクはひかえめ、飲み心地もサラサラとしてる。

紅茶の甘さについては人工的な甘さであり、まろやかなはずの生クリームの味といまいち合わない感じがする...ようは全般的に薄いドリンクなのだ。

僕は想像以上に薄いと感じたリプトン CREAMY 紅茶ラテ、しかしネットの口コミを見るとクリーミーな深いコクやしっかりとした甘さ、ミルクと紅茶のバランスがちょうどよい...のような高評価になっている。

口コミ高評価分にはハートマークがついてあることからも女性がリプトン CREAMY 紅茶ラテを飲んだ感想なのだろう、だから僕の感想と異なっていてもおかしくはない。

 

しかし「本当に飲んでレビューしたのか?」と突っ込みたくなるのも僕の本音、リプトン CREAMY 紅茶ラテについてマズいといった感想は全くないが、本当に飲んだのならサラサラとした飲み心地からコクの深さを感じる事は難しいと思う。

という事で「リプトン CREAMY 紅茶ラテ」の味、それは紅茶のラテ、しかもカップのドリンクなのでこってりと粘度のあるドリンクを想像しがちだが実際はサラリとしたとても飲みやすいドリンク、甘さは控えめで深夜に深く味わうようなドリンクではない...

こんな感じになる。