ドリンクメニュー

ひたすら飲みまくり正直に感想と評価を行う飲み物の総合サイト

「紅茶の時間ティーウィズアップル低糖」はインパクトが無い味、当たり障りがなさすぎる

UCC紅茶の時間ティーウィズアップル低糖

UCC上島珈琲の「紅茶の時間ティーウィズアップル低糖」

ワンランク上のティータイムをコンセプトとするペットボトル紅茶を実際に飲んで感想と評価をしてみよう

低糖タイプの紅茶にアップルで華やかなアップルティー

UCC紅茶の時間ティーウィズアップル低糖

UCC上島珈琲の「紅茶の時間ティーウィズアップル低糖」はワンランク上、極上のティータイムをコンセプトとする低糖タイプのアップルティーだ。

ペットボトルの紅茶市場において”紅茶の時間”はブランドとしてもマイナーな存在でありUCC上島珈琲の商品と知っている人は少ないだろう。

その中でもティーウィズアップルは更にマイナーな商品...

このようなドリンクをスーパーで手に取り原材料や栄養成分表示を舐めるように眺めて購入する人間は僕のようなドリンクマニアや同業他社になってしまうのだろうか、一般消費者からみれば変態的かもしれない。

紅茶の時間ティーウィズアップル低糖についてのレビュー記事や詳しい情報はネットにころがっていないのが現状だ、こんな時ほどマニアックなドリンクブロガーの心は踊る。

紅茶の時間ティーウィズアップル低糖の原材料名と栄養成分表示

紅茶の時間ティーウィズアップル低糖の原材料名と栄養成分表示

紅茶の時間ティーウィズアップル低糖の原材料名

砂糖、紅茶/香料、酸味料、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)

紅茶の時間ティーウィズアップル低糖の栄養成分表示(100mlあたり)

  • 熱量10kcal
  • たんぱく質0g
  • 脂質0g
  • 炭水化物2.4g(糖類2.3g)
  • 食塩相当量0.001~0.06g

UCC紅茶の時間ティーウィズアップル低糖500mlPETパケージより記載

アップルティーなのだから原材料にりんごが存在するかと思いきやない、それでパッケージをよく見ると無果汁となっている。

僕としては無果汁だろうが何だろうがドリンクは美味しければそれで問題ないと考えているがいかにも素朴な味のような原材料名と栄養成分表示だ、

これではペットボトルの紅茶市場で人気がある紅茶花伝クラフティーには勝てないように思える。

www.drinkmenu.net

紅茶の時間ティーウィズアップル低糖はよく振ってから飲めとパッケージに記載されているのでその通りにしてから飲んでみよう。

薄味のアップルティー、後味の甘さが微妙

紅茶の時間ティーウィズアップル低糖のペットボトルキャップ画像

紅茶の時間ティーウィズアップル低糖の可愛らしいデザインのペットボトルキャップをあけて香りを嗅ぎまくってみると少し癖のあるアップルティーの香りだ。

実際に飲んでみると口あたりから薄いアップルティーで飲みやすい、また無果汁だがアップルがあり酸味料が効いているのだろうか、唾液を促すようなほのかな酸味はグビグビと飲み心地を加速させる。

だが紅茶の時間ティーウィズアップル低糖は後味がイマイチ。

人工甘味料特有の甘さが後味として残ってしまう感があり人工甘味料が苦手な人はダメなアップルティーと言えるだろう、僕としては後味に酸味も同時に残るのでそれほど嫌な味ではない。

総合的に評価すると少し薄めの普通のアップルティーであり特別に美味いわけではない。

当り障りのない味であり飲みやすい、それが紅茶の時間ティーウィズアップル低糖なのだが悪く言うならばインパクトが無い味とも言える...飲んでいて面白くないのだ。

ペットボトル紅茶の王座に君臨するのはキリン午後の紅茶、そのブランド力は絶大であり競合他社が似たような紅茶を発売しても午後の紅茶に勝つことは現状難しいと思われる。

だからこそ紅茶花伝クラフティーのようにたっぷり果汁やはちみつを加えたインパクトのあるアップルティーを開発したり...と僕は思っている。

本当にワンランク上のアップルティーを目指すのであれば後味にくる人工甘味料の甘さはどうにかして誤魔化して欲しかった、

そんな風に、僕は思う。

同シリーズのティーウィズレモンの情報も読んでみてはどうだろうか

www.drinkmenu.net