ソフトドリンクの鉄人

ひたすら飲みまくり正直に感想と評価を行う飲み物の総合サイト

秋~冬に相応しいエナジードリンク「キーバ ヨーグリティエナジー」王道系エナドリをマイルドに、ほんのりヨーグルトに。

スポンサードリンク

キーバ ヨーグリティエナジー,KIVVA Yogrty ENERGY DRINK

キーバ ヨーグリティエナジー(KIIVA Yougrty ENERGY DRINK)

シールド乳酸菌100億個を配合したヨーグルトフレーバーのエナジードリンクを実際に飲んだ感想と評価について。

キーバ ヨーグリティエナジー(KIIVA Yougrty ENERGY DRINK)

キーバ㈱が秋冬限定として発売するキーバ ヨーグリティエナジーは森永乳業のシールド乳酸菌100億個を配合したヨーグルトフレーバーのエナジードリンク、

炭酸入りになるので乳酸菌入り乳性炭酸飲料とするのが正しい表現になるエナジードリンクだ。

総合評価 レッドブルをマイルドにしたような味のエナジードリンク、いわゆる王道系エナドリの味を主体にほんのりヨーグルトフレーバーが効いて美味しいです。
カスピスソーダに似た味でもなければZONe DEEP DIVEにも似ていません。

キーバ ヨーグリティエナジー,KIVVA Yogrty ENERGY DRINK

シールド乳酸菌とは、森永乳業が研究から発見して保有している数千の菌株の中から免疫力をアップさせる働きに注目して選ばれた人由来の乳酸菌のこと、

腸の壁の内側にいる免疫細胞に刺激を与えて免疫細胞を活性化するもので、免疫力を高める効果が期待できる乳酸菌。

シールド乳酸菌配合の飲料や食品は森永乳業の製品は勿論のこと、他社でも使われている。

www.drinkmenu.net

エナジードリンク×乳酸菌の組み合わせは、カフェイン入りでヤンチャなイメージがあるエナジードリンクに免疫力UPで健康的なイメージの乳酸菌といった相反するイメージを組み合わせたもの、

エナジードリンクに健康的要素を取り入れても意味がないように思えるが、海外のエナドリ情勢ではオーガニックエナジーやビーガン対応エナジーなど「エナジー×健康」のイメージで売るエナジードリンクは当たり前の状況になっている。

キーバ ヨーグリティエナジー,エナジーポエム

キーバ ヨーグリティエナジーにはキーバエナジードリンクの特徴でもあるエナジーポエムもしっかりと掲載、

人と違う道を行け

他人と同じはつまらない。自分の信じた道を歩くことがKIIVA(キーバ)のスピリット。

勉強・仕事・スポーツ・アート...

「人とは違った道を歩こうとしている」すべての人へ、キーバが勇気を与える。

キーバ ヨーグリティエナジー500ml缶パッケージより引用

キーバ ヨーグリティエナジーのパッケージデザインを手掛けるのは国際的なアーティスト、画家、デザイナー、壁画家のトミー・リム(Tommii Lim)によるもの。

Tommii Limは、ロサンゼルスのダウンタウンに住み制作を行っているアーティスだ。

uglyfresh.com

キーバ ヨーグリティエナジーの原材料名と栄養成分表示

キーバ ヨーグリティエナジー,原材料名
キーバ ヨーグリティエナジー,栄養成分表示

名称:炭酸飲料

原材料名:糖類(果糖ぶどう糖液糖)、殺菌乳酸菌粉末/炭酸、酸味料、香料

アルギニン、カフェイン、甘味料(スクラロース)、ナイアシン、V.B6、V.B12

内容量:500ml

製造所:株式会社チェリオ中部

【キーバ ヨーグリティエナジーの栄養成分表示(1本500mlあたり)】

  • エネルギー 230kcal
  • たんぱく質 0g
  • 脂質 0g
  • 炭水化物 57g
  • 食塩相当量 0.00g
  • ナイアシン 10mg
  • V.B6 2mg
  • V.B12 10μg

【エナジー成分】

  • アルギニン 450mg
  • カフェイン 160mg

シールド乳酸菌100億個/本

キーバ ヨーグリティエナジー500ml缶パッケージより引用

キーバ ヨーグリティエナジーへの評価はカルピスソーダに似た味だったり、エナジードリンク市場で競合するサントリー「ZONe DEEP DIVE Ver.1.0.0」に似た味だったり...と、イマイチ新鮮味とインパクトに欠ける評価が多い。

それでも不味いとされるエナジードリンクではなく、激動のエナジードリンク業界において2020年11月からラインナップを続ける姿勢には素晴らしいものがある。

実際の味はどうなのか?飲んで確かめてみよう~!

レッドブルをマイルドにした味わいの王道系エナジードリンク、高評価!

キーバ ヨーグリティエナジー

キーバ ヨーグリティエナジーのプルタブをあけて香りを嗅いでみると予想に反してヨーグルトの香りは全くなし、むしろチェリオのライフガードに近い香りだ。

実際に飲むとヨーグルト味はかなり薄めで後から多少感じる程度、基本の味はレッドブルをマイルドにした味だ。

エナジードリンクの魔剤感や薬っぽさといったいわゆるケミカルな味わいはレッドブルに比べれとこそ弱いもののちゃんと感じらるようになっている。

甘さと酸味のバランスがよく、王道系のエナジードリンクとしては飲みやすい方だ、500mlの大容量でグビグビ飲むにはちょうど良い濃さのエナジードリンクだと高評価。

気になるのは「カルピスソーダの味」「ZONe DEEP DIVEの味」といった口コミ、

これは実際に飲めば分かることでカルピスソーダに似た味でもないし、ヨーグリーナに炭酸をぶち込んだような味でもない。

ヨーグルトフレーバーは弱く、主体となる味はキーバエナジードリンクの味なのだ。

『殆ど炭酸ジュースじゃん!』と思える味わいのエナジードリンクが増える中、

王道系の味をベースにフレーバーを加えたキーバ ヨーグリティエナジーはもっと高く評価されてもよいのでは?なんて思う。

これからもキーバ㈱には頑張って欲しい!

関連エナジードリンク

www.drinkmenu.net