ドリンクメニュー

ひたすら飲みまくり正直に感想と評価を行う飲み物の総合サイト

三カ月続けられそうな味「カラダカルピス」はゼロカリーでも高評価

カラダカルピス

アサヒの機能性表示食品「カラダカルピス」

乳酸菌で体脂肪を減らすカルピスを深く味わう

1日1本、3カ月で体脂肪に変化の「カラダカルピス」

カラダカルピス

アサヒ飲料から発売される「カラダカルピス」は乳酸菌で体脂肪を減らすのキャッチフレーズの機能性表示食品ドリンク、その効果は1日1本、3カ月で体脂肪に変化...とされている。

ではなぜ乳酸菌で体脂肪が減るのか?カラダカルピス公式サイトを確認すると以下のようになっている。

独自の乳酸菌CP1563株が含まれ、体脂肪を減らす機能があるので、 体脂肪が気になる方および肥満気味の方に適しています。

乳酸菌CP1563株」を粉砕。脂肪を燃やす酵素を活性化、脂肪がエネルギーに変化すると考えられます。

乳酸菌で体脂肪を減らす|アサヒ飲料「カラダカルピス」より引用

肥満気味の方に適しているとはあるが痩せるとは言ってない、つまりカラダカルピスをの一日一本3カ月飲んだとしても痩せる効果というよりは体脂肪を減らす効果があるかもよ?それにより体に変化があるかもよ?といったドリンクと言いたいのだろう。

乳酸菌で痩せる、ダイエット効果があるとは聞いた事がないだけに「体脂肪を減らす」がキャッチフレーズになっているのだと思う。

カラダカルピスのCMは竹野内豊さんが額に汗を垂らしながらカッコつける演出

子供の頃からカルピスが好きを言い訳に体脂肪を気にする竹野内豊さん、イケメンすぎてズルいとしか言いようが無い。

カラダカルピスは機能性表示食品であり体脂肪や体を気にする人へのドリンクといった印象だが僕としては機能や効果には殆ど興味がない。

僕が知りたいのはカラダカルピスが美味いかまずいのか?そこが重要なポイントでありカラダカルピスの購入を考えている人にとっても知りたい情報のひとつだと思っている。

カラダカルピスの原材料名と栄養成分

カラダカルピス栄養成分

カラダカルピス原材料名

脱脂粉乳、乳酸菌飲料、ニゲロオリゴ糖含有シロップ、乳酸菌粉末/酸味料、香料、安定剤(大豆多糖類)、乳化剤、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物、アセスルファムK、スクラロース)

カラダカルピス栄養成分(500ml当り)

  • エネルギー(kcal) 0
  • たんぱく質(g) 1.0
  • 脂質(g) 0
  • 炭水化物(g) 4.0
  • 食塩相当量(g) 0.25
  • リン(mg) 約30
  • カリウム(mg) 約50
  • カフェイン(mg) -
  • その他表示成分 乳酸菌CP1563株 200mg
  • カルシウム 約30㎎

「カラダカルピス」 PET500ml|乳性・乳酸菌飲料|商品情報|アサヒ飲料より引用

カラダカルピスはゼロカリーのドリンク、そしてゼロカリーのドリンクとは後味に人工甘味料的のまずい甘さが残るのが特徴的なドリンク。

という事でカラダカルピスの評価の決めてはやはり後味になるだろう。

「カラダカルピス」は薄いカルピスだがゼロカロリードリンクとしては高評価

カラダカルピスペットボトルキャップ

カラダカルピスは「よく振ってから飲め」 とパッケージに記載されている。その理由は乳酸菌が沈殿する場合があるとのことだ。

言われた通りカラダカルピスをよく振ってからペットボトルキャップをあけて香りを確認するとカルピスの匂い自体はひかえめだ。

では実際にカラダカルピスを飲んでみると「薄いカルピス」といった味、ただし薄すぎるカルピスのような味ではなくカルピスウォーターを少し薄く、カルピスウォーターから甘さをはぎ取ったような味わいになる。

カラダカルピスはカロリーゼロのわりに後味はすっきり、乳酸菌的な味が後味としてしっかり残るので人工的なイヤな甘さを後味で感じることはない...これは高評価だ。

「カルピス」といった飲み物で考えるとカラダカルピスは少々物足りないものがあるも健康や体脂肪を考えて飲み続けるカルピスとしては3カ月継続可能な味だと思う。

やはりドリンクとはどんなに効果が期待できるものだとしても美味しくなければ売れない、アサヒはその辺のことをよく分かっているのだろう、さすがだ。

そんな風に、僕は思う。