ドリンクメニュー

ひたすら飲みまくり正直に感想と評価を行う飲み物の総合サイト

酸味のあるフルーツ牛乳のような味でうまい! カゴメ「朝のフルーツこれ一本」

f:id:drinkoon:20181006012050j:plain

カゴメ「朝のフルーツこれ一本」紙パック200ml

アサイー&ゴールドキウイ入りフルーツ飲料を深く味わう

30品目のフルーツと1日分のビタミンCが摂れる

f:id:drinkoon:20181006012144j:plain

30品目のフルーツと1日分のビタミンCが摂れるをコンセプトに朝のフルーツ飲料として発売されるカゴメ「朝のフルーツこれ一本」、フルーツ万歳のパッケージデザインからフルーツ系の飲料になるのだがスーパーでこのドリンクが置かれている陳列棚は野菜ジュースやトマトジュースの紙パックコーナーになる。

イメージ的には健康志向飲料やダイエット志向飲料を目指しているのだろうか、思うに野菜生活100のようなドリンクと同時に購入させてしまおう...といったものが感じられずにいられないものがある。

僕のよなドリンクマニアの場合、スーパーで「買う!」モードの時は価格をチラっとチェックしながらカゴにぽいぽい突っ込んでゆくから正直言って「朝のフルーツこれ一本」を単品で見たら買わなかっただろう。

 

それでも購入したからにはしっかりとレビューを行うつもりだ、とくにアサイー&ゴールドキウイのフルーツ飲料は気になる。

朝のフルーツこれ一本の原材料と栄養成分

野菜ジュース系ではないから原材料と栄養成分の引用は必要が無いようにも思えるがパッケージに一日分のビタミンCとデカデカ記載されているので一応載せておこう。

原材料

果実(りんご、オレンジ、バナナ、パインアップル、うんしゅうみかん、キウイフルーツ、ぶどう、パッションフルーツ、アサイー、マンゴー、もも、レモン、プルーン、アセロラ、カムカム、カシス、ざくろ、ブルーベリー、クランベリー、ラズベリー、ローズヒップ、いちご、ライチ、西洋なし、あんず、タンカン、デコポン、ライム、ゆず、うめ)、香料、クエン酸、ビタミンC

栄養成分
【200ml当たり】

エネルギー:96kcal、 たんぱく質:0.8g、 脂質:0g、 ナトリウム:2mg、 糖質:23.2g、食物繊維:0.1 ~1.0g、カリウム:320mg、ビタミンC:110mg、ビタミンK:0 ~6μg、葉酸:5 ~40μg、ブドウ糖:5.2g、クエン酸:820mg

朝のフルーツこれ一本|カゴメ株式会社より引用

野菜ジュースの原材料をみるとウンザリする事が多いのだが朝のフルーツこれ一本は果実飲料...これはもう美味そうな原材料のオンパレードとなっている。

これはもしかすると当たりドリンクなのではないだろうか?

早速飲んでみるとしよう。

【ドリンク専門広告】

フルーツ牛乳+酸味の新しい感覚

f:id:drinkoon:20181006013836j:plain

本来は朝に飲むべきドリンクなのだろう、だが僕はくだらない事で忙しすぎる人間なので深夜に飲ませて頂く。

パッケージデザインからあまり美味そうに見えないカゴメ「朝のフルールこれ一本」、先入観は良くないと思いつつ勢いよくストローをぶっさして飲んでみる。

 

「酸味のあるフルーツ牛乳といった新しいジャンル」

ひと口飲んでみるとフルーツ牛乳的な味が口の中に広がる、それも濃いフルーツ牛乳のよな味、その直後にほのかな酸味が後味としてじゅわぁ~!と舌を優しく刺激する...うまい。

これはマジでうまい!

口あたりのフルーツ味を深く噛みしめると最初にマンゴー味、途中でバナナ、最後にキウイでしめるような形で調整されている。

残念ながらアサイーはあまり感じられないが美味いので問題なし...といったところだろう。

それにしてもこのようなフルーツドリンクが健康志向やダイエット志向ドリンクのコーナーに置かれているのは少々おかしい。それはパッケージデザインとカゴメの200ml紙パックからそうなってしまうのは仕方が無いのは分かる。

しかし味の面で言えばこれはビタミンCなどすっとばして「うまいフルーツ飲料」とした言いようがない、これはフルーツ牛乳の近くに置くべきドリンクなのではないだろうか、

そんな風に、僕は思う。