ドリンクメニュー

ひたすら飲みまくり正直に感想と評価を行う飲み物の総合サイト

い・ろ・は・す「みかん日向夏&温州」は殆ど水味、味が薄すぎる

f:id:drinkoon:20180516162520j:plain

2017年5月7日に発売された「い・ろ・は・す みかん日向夏&温州」

2種類のみかんエキスをブレンドしたフレーバー水を味わう

宮崎県産日向夏&愛媛県産温州のダブルみかんエキス

f:id:drinkoon:20180516171850j:plain

今まで発売されていたいろはすみかんに日向夏(ひゅうがなつ)のエキスを加えた新商品が「い・ろ・は・す みかん日向夏&温州」になる。

上品な甘みとすっきりとした酸味、さわやかな味わいがこの商品の売りにだ。

ただ僕は思う。

前々から当ブログで書いていることだがパッケージに〇〇産と大きく表示されているドリンクはあまり美味くない。

これはドリンクそのもののアピールポイントが少ないからパッケージに〇〇産と大きく表示しているのではないかと前々から推測している。

そして「い・ろ・は・す みかん日向夏&温州」の場合は二つも産地をやってしまってる。

こうなってくると飲む前からある程度の味が想像出来てしまうのだ。

みかんフレーバーが薄すぎる

f:id:drinkoon:20180516174305j:plain

もう結論を言ってしまおう、僕の予想通り「い・ろ・は・す みかん日向夏&温州」は美味しいとは言い難いフレーバー水だ。

パッケージで強調している2つの産地のみかんエキスとは一体何だっだのだろうか?と言いたくなるほどみかんの味が薄い。

甘味はほどんど感じられず、酸味もあるのかないのか分からないほど。

それでいて100mlあたり18kcalというのもいまいち納得できない。

い・ろ・は・すブランドは夏のドリンク商戦にむけての新商品を出しまくっているがこれは失敗だと思う。

やはり殆ど水味だとしてもペットボトルで商品を発売するからにはそれなりの味に仕上げてもらわなければ購入した消費者は納得しない。