ソフトドリンクの鉄人

ひたすら飲みまくり正直に感想と評価を行う飲み物の総合サイト

原産国アメリカの輸入版ドクターペッパーと日本版の違いについて

スポンサードリンク

原産国アメリカのドクターペッパー

原産国アメリカの輸入版ドクターペッパー(Dr Prpper)

日本産ドクターペッパーとの違いを実際に飲んで評価してみよう

シンプルなデザインのアメリカ版ドクターペッパー355ml缶

原産国アメリカのドクターペッパー

ドクターペッパーと言えば日本でメジャーな炭酸飲料として長らく発売され続けているドリンクだが味について好き嫌いが分かれる炭酸飲料としても有名な存在だ。

ドクターペッパーの味は「薬のような」と表現する人もいれば「病みつきになる」と表現する人もいる、好きな人は徹底的に好み、嫌いな人は避けるように飲まない...日本におけるドクターペッパーとはそんな位置になる。

www.drinkmenu.net

だが海外では、とくにアメリカでは好き嫌いが分かれるというより昔から人気のある炭酸飲料といった存在だ、

しかもアメリカ人に言わせればアメリカのドクターペッパーと日本のドクターペッパーは味が少し違うと言っている、具体的には甘さが異なるということだ。

それだけでなく炭酸ガスの強さも異なるとの事、そしてアメリカのドクターペッパーには当たり外れが存在するとまで...

こうなってくると都市伝説のような雰囲気になってくる日本版とアメリカ版のドクターペッパー、実際に輸入版のドクターペッパーを飲んで確かめてみるしかないだろう。

原産国アメリカの輸入版ドクターペッパー(Dr Prpper)の原材料名と栄養成分表示

原産国アメリカの輸入版ドクターペッパー(Dr Prpper)の原材料名と栄養成分表示

名称:炭酸飲料(ドクターペッパー)

原材料名:果糖ブドウ糖液糖/二酸化炭素、カラメル色素、リン酸、香料保存料(安息香酸Na)、カフェイン

【原産国アメリカの輸入版ドクターペッパー(Dr Prpper)の栄養成分表示 1缶(355ml)当たり】

  • 熱量 150kcal
  • たんぱく質 0g
  • 脂質 0g
  • 炭水化物 40g
  • 食塩相当量 0.1g

原産国アメリカの輸入版ドクターペッパー(Dr Prpper)355ml缶パッケージより引用

 

原産国アメリカの輸入版ドクターペッパー(Dr Prpper)は日本では㈱シーエフシージャパンが輸入者となり大手スーパーや輸入食材を扱う店舗で現物購入可能だ。

ただし輸入版のドクターペッパーはどこでも売っている商品ではない、

気になる人はネット購入が確実だろう。

若干甘さが強い、それ以外は日本版とほとんど同じ

アメリカ輸入版ドクターペッパー

原産国アメリカの輸入版ドクターペッパーのプルタブをあけて香りを嗅ぐといつものドクターペッパーの香りだ、日本版との違いは感じられない。

実際に飲むと若干・微妙...に甘さが強いように思える、それ以外は日本版のドクターペッパーと変わらないもの、炭酸の強さも同程度だと思われる。

そしてうまい、アメリカ版だろうが日本版だろうがドクターペッパーはうまい!

今回アメリカ版ドクターペッパーをレビューするにあたって日本とアメリカのドクターペッパーの違いについての英文をそこそこ読んだ(全てグーグル翻訳だけど)がアメリカ人は表現が大げさだったとの結論になる。

確かにアメリカ版のほうがちょっと甘いような気がするけどグラスに入れて飲み比べをすれば分からないはず、その程度の違いしかないのだ。

インターネットが普及する前の時代であれば「俺んちにアメリカのドクターペッパーあるんだぜ?日本と味ちがうよ~」なんて誘い文句で女性をお招きすることも出来たかもしれないがネット時代ともなればそんなセリフは通用しないだろう。

やるのであれば「ドクターペッパー・チェリーって知ってる?」だ...とはいっても通常のドクターペッパーと変わらない味だが。

www.drinkmenu.net