ソフトドリンクの鉄人

ドリンクレビュー専門の総合サイト

「CAPIジンジャービアー」癖が強すぎるオーストラリアのショウガ炭酸がヤバい!

スポンサードリンク

カピ ジンジャービアー,CAPI GINGER beer

カピ ジンジャービアー(CAPI GINGER beer)

唐辛子の辛みが効いたオーストラリア産のスパイシーなジンジャービアーを実際に飲んだ感想と評価についてレビュー

カピ ジンジャービアー(CAPI GINGER beer)

オーストラリアからの輸入飲料カピ ジンジャービアー(CAPI GINGER beer)は、オーストラリア産のジンジャー(生姜)にクエン酸を加えることでレモン風味が効いた保存料、化学添加物不使用、天然由来の原料を使用した炭酸飲料だ。

※CAPI GINGER beerはノンアルコールの炭酸飲料

総合評価 苦いレモンの皮とメンソールとジンジャーと唐辛子をブレンドしたような味の炭酸飲料です。
全体的に味が濃く、かなり癖が強い、ハッキリ言ってマズいです!

カピ ジンジャービアー,CAPI GINGER beer,瓶ラベル

ジンジャービアーとは生姜、スパイス、酵母と砂糖 の自然発酵によって生産される醸造の飲料。

だがカピ ジンジャービアーの原材料名を見る限り本当にジンジャービアー?と思えるところがある。

恐らくはジンジャービアーっぽい味がするショウガ味の炭酸飲料ということのなのだろう。

CAPIとは? CAPIとはオーストラリア発の100%天然由来飲料ブランド
選りすぐりの原料を厳選し、化学添加物を使用していないた専門家によるこだわりの製法で作られています。保存料や化学添加物を一切使用していない為、素材本来の味が引き出されている飲料

日本に輸入されている外国産の本格的なジンジャービアーは、フェンティマンスのジンジャービアーが有名な存在となっている。

www.drinkmenu.net

カピ ジンジャービアーの原材料名と栄養成分表示

カピ ジンジャービアー,CAPI GINGER beer,原材料名
カピ ジンジャービアー,CAPI GINGER beer,栄養成分表示

名称:炭酸飲料

原材料名:砂糖、ジンジャー/炭酸、クエン酸、香料(カプシカム)、L-アスコルビン酸

内容量:250ml

原産国名:オーストラリア

輸入者:㈱エー・ピー・オー  

【栄養成分表示(100mlあたり)】

  • 熱量 41.8kcal
  • たんぱく質 0g
  • 脂質 0g
  • 炭水化物 10.0g
  • 食塩相当量 0g

カピ ジンジャービアー250ml瓶ラベルより引用

一般的にジンジャービアーは甘いショウガ汁を炭酸で割ったジンジャーエールに比べてショウガ味が濃いとされている。

だがカピ ジンジャービアーはジンジャーエルと大して変わりないような原材料だ。

実際のところはどうなのか、飲んでみよう~!

【強烈な癖】メンソールフレーバーがするジンジャー炭酸

カピ ジンジャービアー,瓶

カピ ジンジャービアーを開栓して香りを嗅ぐと、メンソールとジンジャーをブレンドしたような香りだ。

香りだけで評価するとかなり不味そう、ヤバい雰囲気がビンビンに漂っている。

実際に飲んでみるとレモンの皮の苦みにメンソールっぽさを加え、そこにジンジャーをブレンドしたような味わいだ。

レモン感は全くなく、唐辛子(カプシカム)がガツンと効いた辛口のジンじゃビアーに仕上がっている...

これははっきり言ってマズい!

カピ ジンジャービアーはあまりにも癖が強く、一般的なジンジャービアー及びジンジャーエールとはかなり異なる炭酸飲料だ。

苦いメンソール&ジンジャーの薬を炭酸で飲む感覚に近く、しかも全体的に濃い味。

『外国のジンジャー炭酸、なんかお洒落!』なんて軽い気持ちで手を出してはいけない飲料だろう。

www.drinkmenu.net