Doleドールスムージー「ベリーブレンド」はトマトジュースのようなのど越しドリンク

f:id:drinkoon:20180428103132j:plain

ドールのスムージーベリーブレンド(Dole Smoothie BERRY BLEND)

見た目からしてこってりしていそうな果汁ドリンクをグビグビと飲む

口いっぱいに広がるベリーの甘酸っぱいおいしさ

f:id:drinkoon:20180428103610j:plain

フルーツといえばドール、そんなドールのおいしさを気軽に味わえるペットボトルドリンクが「ドールスムージー」シリーズだ。

その中でもベリーブレンドはパインアップル、リンゴ、バナナ、ぶどう、カシス、ブルーベリー、いちご....といった各種のフルーツを合わせたミックスジュース。

ペットボトルにドールに美味さを濃縮還元させた深い味わいは口いっぱいに広がるベリーの甘酸っぱい美味しさを追求こともパッケージからもうかがえる。

トマトジュースのようなのどごし「Doleベリーブレンド」

f:id:drinkoon:20180428111644j:plain

僕が購入したドールスムージーベリーブレンドのペットボトルはスーパーのドリンクコーナーにおける高級ゾーンに配置されていた。

確かにこの商品は通常のドリンクよりも価格が高く、健康志向、高級志向、ドール好きな人間が選ぶような商品だろう。メジャーなドリンク企業の商品のようにバカバカ売れるペットボトルとは思えない。

それをあえて購入する一般庶民の僕、ドリンク好きだからこそ...である。

ただ無地のペットボトルキャップのドリンクには何かがあるはずだ。それは実際に購入して飲んでみたものにか分からない「何か」だ、そんな風に僕は思っている。

「トマトジュースのようなのど越し」

開封一発目に感じたのはこれだ、かなり濃度が濃いドリンクでありこれはフルーツを丸ごと感じる口あたり。

このような感覚のドリンクについて僕は「トクトクした感じ」と表現している。

これは水的なドリンクのようにゴクゴクと喉を通る感覚ではなくゆっくりと流れる、口の中にドリンクがへばり付いていつまでも残っている感覚を意味している。勿論「トクトク」は僕が勝手に表現している言葉であって一般的には通用しない表現だ。

 

因みに楽天での商品説明をみると「あらごし食感」と表現、これはフルーツを食べているような食感を表現した言葉になる。確かにあらごし食感のほうが分かりやすいのは認めよう、だが僕はトクトクした感じを使い続ける。

ドールスムージーベリーブレンドの味は確かに「口いっぱいに広がる甘酸っぱいおいしさ」になる。

濃いベリーの味わいと深いコク...これは本格派の味だろう、他のドリンクに比べて少し高いが納得のゆく味だ。

DOLE ドール スムージー ドリンクBERRY ベリー TROPICAL トロピカル GREEN グリーン360ml×6本 フルーツ 果汁 ジュース【smtb-ms】0589590

 

女性がキレイになるようなイメージで販売されているがそれはあまりポイントではない。美味しいか不味いかだ、そしてドールスムージーベリーブレンドは美味い。

お店で注文すると500円ぐらいとられそうな味だ。